エヴァンゲリオン乙号機&甲号機とは

本編には登場しないゲームオリジナル機体として、エヴァファンの中でもそこそこマニアックなファンの方はご存知でしょうか、エヴァ乙号機と甲号機。
以前の記事でも軽く触れましたが、今回はこの甲乙号機の魅力をしっかり紹介していきます(๑ •̀ω•́)۶

エヴァンゲリオン乙号機

初出は2007年1月18日発売のゲーム『名探偵エヴァンゲリオン』に〝乙型〟の名前で登場、同年6月28日発売のゲーム『新世紀エヴァンゲリオン バトルオーケストラ』に〝乙号機〟の名前で登場します。

名探偵エヴァンゲリオン

ゼーレ査察官、渚カヲルの専用機という敵として登場。
付属のブックレットではこのように解説されています。
  • ゼーレが独自に開発・製造した機体
  • 他の一般エヴァとは開発コンセプトから異なる全く別のもの
  • 開発経緯・設計者などの情報は不明
以下は、終盤で死徒として覚醒したカヲルを取り込み、天使化した第二形態の姿。
頭部のヘルメットが外れ、零号機のような多重レンズが露わになります。
この姿になるとあまりに動きが早くて思わず「ずるい!」と叫びたくなるほど。

エヴァンゲリオン バトルオーケストラ

剣撃を得意とする、全エヴァシリーズ中最高の性能を誇る機体として登場。搭乗者は渚カヲル。
他のエヴァよりリーチが長く、操作した瞬間にわかる、それまでのネルフの一般エヴァとの性能の差はまさに圧倒的。
背から翼を生やし、覚醒時の超必殺技では以下の通り月を背後に敵に突撃します。かっこいい。
以下の動画の4分11秒から乙号機が登場します。

エヴァンゲリオン甲号機

ゲーム『新世紀エヴァンゲリオン バトルオーケストラ』に登場。
上記の画像に記載されている通り設定が少ない上、乙に比べ資料がとんでもなく少ないです。
こちらは正面から見た形状。
こちらは背面から見た形状。

搭載されたビームビットは分離・合体可能で、オールレンジ攻撃や強力なビーム砲としても使用することができます。
PS2版の解説書では、雨龍・凱龍などと記されているそうですが私は持っていないため、未確認です。
以下の動画の4分40秒から甲号機が登場します。

いかがでしたでしょうか? 少しでもこの特異な二機のエヴァに興味を持っていただけたか、意義のある情報提供になれば幸いです。

※甲号機に関しては本当に資料を集められず申し訳ありません😂

関連記事


関連リンク


イラスト

エヴァ乙号機

エヴァ甲号機

アルマロスの部屋

2015年~2017年にかけて、Q&Aアプリ〝LINE Q〟で活動していたEVA Mark.06が管理するウェブサイト。 2017年のLINE Qサービス終了に伴い、LINE Qに投稿していた内容をNAVERまとめに再投稿、新規投稿もしています。

0コメント

  • 1000 / 1000